ちくりんの気まぐれ写真帳

*ist DS2 でデジタル一眼を始めました♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

海住山寺 続き

1
お地蔵様-1

見落としそうなところに、お地蔵様たちがおられました。



2
なすのこしかけ

ここで異質なものを発見!

3
立て看板

なんだこれはと解説を読んでいる間に肝心の相方の姿が見えなくなりました。

本堂に上がりこんでお寺の方のお話を伺っていたようです^^;

4
ろうそくーセピア

あれやこれやと撮影している間に意外と時間が経っていました。

5
修行大師

真言宗のお寺らしくここにもお大師様がおられます。

6
相輪が輝いて

天平時代の創建から、鎌倉時代の再興を経て、

7
お地蔵ー3

今はひっそりと山の中腹にたたずんでいる~
なかなか興味深いお寺でした。


すべてAPO-LANTHAR 90/3.5 SL(KA)

絞り優先、 ISO:200-800オート、AWB、露出補正はそれなりに。
JPEG、チビすなでリサイズ、その他はノータッチです
スポンサーサイト
  1. 2007/12/17(月) 22:48:52|
  2. お出かけ(近畿)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<光のルネサンス-1 | ホーム | 山道を辿って>>

コメント

苔むす

良いですねぇ、お地蔵様。
特に年期の入った風情が好きです。^_^

「なすのこしかけ」って、聞いたことはありました。
まさか、本当に茄子の形をしていたとは。
ちょっとした驚きでした(笑)

実は、最近唐突にお地蔵さんが撮りたいなぁと思っていたのですよ。
だいたい撮りに行く場所は決まったのですが、あとは時間がぁ・・・。
今週から来年初旬まで、ハードワークに突入して、家にもあまり帰れない状況になります。
撮影しに行けなくて、欲求不満になりそうです^^;
  1. 2007/12/18(火) 11:34:23 |
  2. URL |
  3. toto #-
  4. [ 編集]

合宿というほどのものでは…

海住山寺に行ったのは高二の夏休みだったと思います。
クラスメートの三分の二ほど参加したように思います。
なんというか、自分の学生生活の中でも、あれほど
まとまりのあるクラスはなかったように思います。
担任の先生も他のクラスで自慢するほどでした。
文化祭では劇をしましたが、かなりの評価をいただきました。
ちなみに私はキャバレーのホステスさんの役。
当時は細身だったので、キレイって女の子からも言われましたよ。
私自身は「かっこいいッ」って言われたかったけど…(笑)。
  1. 2007/12/18(火) 22:16:32 |
  2. URL |
  3. おすぎ #-
  4. [ 編集]

totoさん、お早うございます

今まではあまり興味なかったのですが、
先日は突然お地蔵様に凝ってしまいました。

私も年季の入ったお地蔵様の方が、
ピカピカで着飾っておられるのより好きです。

totoさんの視点で撮られたお地蔵様、
気長にお待ちしますので是非ご紹介ください。
  1. 2007/12/19(水) 08:50:51 |
  2. URL |
  3. ちくりん #IawuYuP2
  4. [ 編集]

おすぎさん、お早うございます

高校二年生のクラスメートというのが良いですね。

大学時代の友人と、中学高校時代の友人とはちょっと違いませんか?
人格がある程度出来上がってからの付き合いと、
人格形成期にゴチャゴチャしながらの付き合いというかなんというか。

学生時代にそのような経験をされたのは有意義ですね。
↑キャバレーのホステス役の経験のことではありません。
  1. 2007/12/19(水) 08:56:19 |
  2. URL |
  3. ちくりん #IawuYuP2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chifamichan.blog108.fc2.com/tb.php/84-6ee42fab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ちくりん

Author:ちくりん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。