ちくりんの気まぐれ写真帳

*ist DS2 でデジタル一眼を始めました♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

これぞ中華街ですね~

1
どうする?


中華街はやっぱり賑わっておりました~


2
中国料理


風情のある看板や、

3
仏具といっても


鮮やかな色彩に気は惹かれますが、

4
関帝廟


コチラにお参りしないといけません!

5
狛犬の親子?


狛犬さんにもご挨拶して、

6
なが~いお線香


ちゃんと五箇所にお線香をあげました。

7
中華学院


隣りの学校では下校の時間になりました。

我々もそろそろ帰宅の時間が迫ってきています。

8
パンダまん


パンダまんってちょっと気になるんだけどなぁ~

これにて旅行記は終了です。
お付き合いくださった方々有難うございました。

PS:中華街のホリデイ・インも名前が変わっていました。
   ホテル業界もなかなか厳しいようですねぇ。

すべて FA50 F1.4
絞り優先、 ISO:200-800オート、AWB、露出補正はそれなりに。
JPEG、チビすなでリサイズ、その他はノータッチです



スポンサーサイト
  1. 2007/11/28(水) 06:00:56|
  2. お出かけ(国内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<宝寺ー前編 | ホーム | 山下公園から外人墓地へ>>

コメント

とっても楽しかったです♪

素敵なご旅行記を堪能させていただきました
pataponさんのブログと並行して拝見していると
二倍、三倍、楽しめます☆☆☆

↓のテーマパーク、子供が幼稚園くらいの時に
行ったことがあります
夏だったので、こんな美しいイルミネーションは
ありませんでした。
ご夫婦それぞれで、夢中になってしまうところが楽しいですね(笑)

ご旅行の写真を見ながら、ご夫婦とご家族の暖かさを感じました♪
  1. 2007/11/28(水) 15:18:25 |
  2. URL |
  3. ゆりり #D/sUV1Bg
  4. [ 編集]

ニィハオ~

流石は中華街、鮮やかですね。
「関帝廟」良いですねぇ。
豪華絢爛にして繊細。
金色なのにキンキラじゃなくて渋い描写が堪りません。

「狛犬の親子?」、中国だから唐獅子ですかねぇ?
色が塗っているせいか迫力ありますね、ってかちょっと怖い^_^
ちょっと妖怪っぽいかも。
なんて事言うと怒られますか(^^ゞ

旅行記のアップお疲れ様でした。
旅行の臨場感が伝わってきて、とても楽しく拝見させて頂きました(^^♪
  1. 2007/11/28(水) 15:55:12 |
  2. URL |
  3. toto #-
  4. [ 編集]

あら おなじみの場所です

一枚目の写真は市場通りですね。
四五六菜館は ピアノの師匠の行きつけのお店で私も20回ほど通いました。
いつも中華街へ行くのが 黄昏時以降なのでこの街がこんなに明るく健康的(笑)な表情を持っているとはお写真見るまで気がつきませんでした

「関帝廟」は立ち入ってはいけない場所のように感じています。横浜という街をいささか知っているせいかもしれません。
  1. 2007/11/28(水) 21:44:34 |
  2. URL |
  3. ねいさん #iPpRpVJ6
  4. [ 編集]

お付き合い有難うございました

ゆりりさん、今晩は。

サンリオピューロランドは案内板を見ただけで訪れてはいないんです。
大学生の息子と高校生の娘を連れて行くところではありませんよねぇ。

家内の希望を聞きながら予定をたてて、目的地に着いたら別々に撮影しております。

協力しているような競い合っているような、
妙な緊張感の漂う撮影旅行でした~
  1. 2007/11/28(水) 23:00:26 |
  2. URL |
  3. ちくりん #IawuYuP2
  4. [ 編集]

ツァイチェン

toto さん、長々とお付き合い有難うございました。

おのぼりさん状態で撮影旅行を楽しみました。

土地勘の無い場所で、素直に感じたままを撮影した写真が多かったと思います。

箱根もヨコハマもまだまだ時間が足りません。
次の機会がいつ出来るかわかりませんが、ぜひ
再訪したいと思います。
  1. 2007/11/28(水) 23:05:27 |
  2. URL |
  3. ちくりん #IawuYuP2
  4. [ 編集]

ご指導よろしくお願いします

ねいさん、今晩は。

箱根はともかくヨコハマに行くことは直前に決まりましたので地元の方にご相談する時間がありませんでした。

ガイドブック片手の観光客状態でしたので歴史や詳しい背景などは存じ上げません。

次の機会には、その土地の歴史・風土を適切に味わえるようご指導よろしくお願いいたします。
  1. 2007/11/28(水) 23:10:00 |
  2. URL |
  3. ちくりん #IawuYuP2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chifamichan.blog108.fc2.com/tb.php/69-df9760c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ちくりん

Author:ちくりん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。